酵素とは

体内で触媒の働きをしていて、これがないと一日も生きていかれない成分です。

分解・消化・呼吸・解毒・代謝酵素などで体内には3,000種以上が存在していると言われます体内のおもに肝臓、胃腸で作られたタンパク質をアミノ酸に変換しています。     酵素の働きで重要なのは解毒、代謝酵素です。生命の維持や美容にも関与して、女性の関心事である皮膚の代謝も酵素が働いています。病気の時、病原菌をやつつける代謝酵素です。食物を分解し消化し代謝させる「消化酵素」ケガや病気を治す力を発揮する「代謝酵素」浪費は体内の潜在酵素を減少させます「大食は早死にの元」と言われる一因。酵素は加齢と共に減少し加熱により破壊されてしまう成分。回復力=酵素力! 補う事が大切です。

加熱した食物では補えない成分「酵素」と  

「プロバイオティクス」

酵素は、全ての命ある動植物の体内に存在しています。私たちと違い、野生動物は加熱していない生食から酵素を摂取しています。例えば、肉食動物が獲物を食べる時に決まって内蔵から食べるのはそこに酵素が多く存在しているからです。

プロバイオティクスとは、乳酸菌、納豆、ビフィズス菌、酵母菌など体に良い影響を与える微生物を含む発酵食品のことです。酵素とプロバイオティクスはいずれも食物の消化吸収を助けて腸内の環境を整える働きをしています。しかし、酵素もプロバイオティクスも熱に弱く加熱すると死滅してしまい食事だけでは補う事が出来ません。健康維持には、食事とは別にこれらを補っていく事が必要です。

玄米の優れた栄養成分を酵素が消化吸収を助け、有害物質の排泄、ホルモンバランスの調整します出来るだけ手軽に「玄米食」を食べやすくそして「酵素」を摂取できる事を考えて作られました。   製造から60年以上の歴史ある「玄米酵素」です。

続けてみませんか、いついつまでも健康で楽しい人生を送るために!

身近な酵素

Ⅰ・消化酵素「唾液・アミラ-ゼ」食物を噛む事により甘味を感じる唾液中の酵素で、澱粉を加水分解し麦芽糖やデキストリンに変化させる酵素です。

Ⅱ・酵素「タカラ-ゼ」はケガの時にオキフル消毒で泡がでるのは、血液中の酵素がオキシフルを水と酵素に分解する酵素です。

Ⅲ・他の酵素、呼吸酵素・筋肉酵素・凝乳酵素・ 凝血酵素・発酵酵素(アルコ-ル、味噌、醤油、納豆、チ-ズ)みな私達の身体に必要な酵素です


太陽、月、山、川、樹、大地、父母に育まれ育つ種(いのち)
太陽、月、山、川、樹、大地、父母に育まれ育つ種(いのち)

ブレンド成分

緑茶 

茶葉には代表的な成分としてカテキン、アミノ酸の一種で旨味成分のテアニンがありますさらにカフェインの重要な3つの水溶性成分(お湯に溶け出す成分)が含まれ、ビタミンC水溶性食物繊維、各種ミネラルなどが含まれています。また、不溶性成分(茶殻に残る成分)の不溶性食物繊維(β-カロチン、ビタミンE、クロロフィル、タンパク質)などが含まれています。

緑茶の機能 

① 感染症、食中毒の予防・細菌やウイルスの予防に緑茶うがい。       緑茶に含まれるカテキン類や、その他成分が体内に侵入した細菌が増殖するのを未然に防ぐ役割を果たします。

② 肥満予防・デンプンの消化を抑えるダイエット効果。           緑茶特有のカフェインは、運動前に摂ると脂肪代謝が促進されることが研究により確認済み。

③ 高脂血症、動脈硬化予防・血管の障害を防ぐ効果。            緑茶に含まれるカテキンは、悪玉コレステロ-ルが活性酸素により酸化されるのを防ぐ働きをもち、体内でビタミンAに変換されるβ-カロチンやビタミンC、Eなどの抗酸化成分も含まれています。

④ 高血圧予防・緑茶が血圧の上昇を抑制。

⑤ 糖尿病予防・血糖値の上昇を抑える。

⑥ 脳のリフレッシュ、痴呆症予防・脳を守るカテキン類。          緑茶のカフェインには、人の大脳皮質の感覚機能や精神機能を高揚させ、感覚や知能活動を 鋭敏にし疲労感を解消する作用があります。

※ テアニンというお茶特有のアミノ酸は低温時に作用し、リラックス効果と脳をリフレッシュさせ精神を安定させます。テアニンを摂取するとα波の出る回数や時間が増加する事が 立証されています。

⑦ ガン予防・一日5杯以上の緑茶を飲む人にはガンの発症率が低い。

静岡県中川根町の地域は、胃がん死亡率が極めて低いことで有名ですが、最近の統計で中川根町の40~70歳の住民の胃年齢(胃粘膜萎縮度)を比較した所静岡県浜松市の人と比べ、10~20歳若いことが判明しました。

※ お風呂に使用(出がらしOK)水虫、にきび、肌荒れ防止効果があります。

お茶の豆知識

常緑樹のお茶にとって暖冬は体力を消耗させるって知っていましたか。暖冬は十分な休養と養分の蓄積が妨げられるからです。冬の間にじっと蓄えたエネルギ-が春の訪れに誘われ一気爆発。それが新茶。茶樹は常緑樹です。半休眠という状態の中でも葉は休まず光合成を続けています。ほとんどの生産者は10月ごろに茶樹の表面を刈り取ります(秋整枝と言います)が、無農薬栽培(有機認定)の塚本園・塚本忠紹さん(Sui酵素・種に活用)は春に行います(春整枝)理由は、春整枝は一芽一芽が充実した強い芽になるそうです。でも、収穫は減少します。(新茶の芽立ちが遅れ、芽数も減る)それでもあえて行う。「美味しいお茶を届けたいから」塚本さんからのコメント。    2018年今年の冬の厳しい寒さは美味しい新茶を生み出す好条件だったそうです。  安心・安全な新茶楽しみたいですね。体に入れる物だから!